漫画描きポルリンの(本音)ぽろりん喫茶

トップページ > >

就活生が異世界で魔王をやってみた003_0006
就活生が異世界で魔王をやってみた003_0007
就活生が異世界で魔王をやってみた003_0008
就活生が異世界で魔王をやってみた003_0009
人への話し方によって色々な印象を与えます。
よく人に頼まれごとをされたりといいように扱われる人っていると思います。

自分も結構そうでしたw

その場の空気を乱さないために相手の意見を尊重だけする人っていますよね、
実はこの話し方は相手に扱いやすいと思われる話し方の一つなんだそうです。
相手の意見にあわせる、つまり自分の意見を持っていない、オレが教えてやらないといけない
みたいに捉えられてしまうようです。

よく頼んでもいないのに教えてやるやるって感じに話してくる人っていると思います。
そういう人は自分の意見に反対しないような人を選んでいます。

しかし他人の意見に対し自分の意見を言うのって難しい人には難しいですよね。
その場合は即否定的なことを言うのではなく、何故その意見なのか理由を聞くと良いです。
その上で自分の意見を述べる場合は、このような理由で自分はこのような意見を持っています。
と主張すればお互いの意見を交換したことになります。

しかし会社とかではとにかく上司の意見に従わないといけない、みたいな状態ありますよね。
でもほいほい聞いてしまうと後々なめられて面倒になってしまうので
気を付けましょう!

ちょっと気を付けるだけで大分違います!それでもどうしようもない上司がいたら…
あわせて読みたい(なんちゃって!)


同僚と共にその人の愚痴を言いましょうw

はい!そして「就活生が異世界で魔王をやってみた」
の電子書籍2巻が発売されようとしています…!


ただいま1巻が割引キャンペーン中ですのでこの機会に是非とも!

>>>【他の就活生が異世界で魔王をやってみた】





良ければ読者登録お願いします✨



002_0047
002_0048
いきなり夏の話になってしまってますが本の中身のサンプルです!

という訳で飲料擬人化マンガの「カフェちゃんとブレークタイムRefill2」
の電子書籍が発売されました!

A5カバーカフェちゃん00200
それに伴ってパーカープレゼント企画を行っています!是非ご参加下さい!

EJEvRZHU8AAI162
EJEvR3XUEAA3MD5
こちらのパーカーですね!

このカフェちゃんとブレークタイムは以前商業化されていたのですが
出版権が返ってきたので自分で再編集して出したものになります。

今も描いているものですからサンプルとして他の人にもお見せ出来ますし
割引キャンペーンなどでお届けすることも出来るようになりましたので
今出版社に預けている昔の作品などがある場合は、出版権を返してもらって
このように自分で出すのも面白いと思います!

個人で全然出せますし何かに縛られることもありません。
娯楽作品なのですから自由に楽しくお届けするのが一番だと思います。
ストーリー構成などしっかり必要なものは企業の力を借りた方が良いと思いますので良し悪しですね。

総160ページの大ボリュームでお届けしてます!是非お楽しみください。


1巻は現在割引キャンペーンを行っています!


良ければ読者登録お願いします✨

カフェちゃんとブレークタイム2020_0001
カフェちゃんとブレークタイム2020_0002
カフェちゃんとブレークタイム2020_0003
コーヒーと言えば香りもその特徴の一つです!
この香りに関しては様々な成分が関係していて詳しいことは
まだよくわかっていないみたいですが、本当は一番香る時は焙煎時のようで
焙煎士の方が

「この香りを独占してしまって申し訳ない」

と仰っていましたw
確かに焙煎の場に居る事って中々無いですからね、
生豆を買って焙煎してる人もいらっしゃるんでしょうか。

ドリップコーヒーの淹れ方はこちら


という訳でいつもとは違いモノクロでお送りしてみました。
モノクロの方がカラーよりも描ける情報が多くなりますねw

そして新登場のこの娘、カフェちゃん漫画は読者に語り掛けるマンガですが
このように寸劇を見せたいと思う時って読者視点キャラクターが必要かと思い
登場させた次第です!

Twitterでお名前募集したところ皆さん色々考えて下さいました!
ありがとうございます!


またこちらも決めてご報告します!

そしてこちら

はい、恐縮ですが1月29日はわたくしめの誕生日でした!
たくさんのお祝いリプ本当にありがとうございます<(_ _)>
一人一人返信していきますのでゆっくりお待ちください!

いつもブログも見ていただき感謝感謝です!



良ければ読者登録お願いします✨

このページのトップヘ