漫画描きポルリンの(本音)ぽろりん喫茶

カテゴリ:雑談 > アンケート

なんだかんだブログを開設して一週間経ちました!
今のところ毎日更新出来ています、今のところ!

今回テーマにしたいのは
魔王様のアクセス解析
アクセス解析などは新たな発見が出来ること!です。
あ、アクセス解析の設定の仕方などは他のサイトをご覧ください(;゚Д゚)
今大体どこのサイトにも設置されてますよね。
ツイッターにもツイートアナリティクスというのがあります。

折角なので以前行ったアンケートの回答者データなどを見つつやりたいと思います。

こちらの記事で好きなフェチのアンケート

こちらの記事で好きな飲み物のアンケート

を行っています!良かったら今からでもご参加下さい

それでこの投票には「年齢」と「性別」と「地域」の項目があるんです。
誰が投票したかはわかりませんのでご安心下さいw

今現在のデータはこんな感じです。

・好きなフェチズム回答者データ
好きなフェチズムアクセス

好きな飲み物回答者データ
好きな飲み物

このようにデータを見ることによって、この投票はどの層に興味を持たれたのか
などの明確なデータを見ることが出来ます。
よく人はイメージや感想で物を語りがちなのですが、
実際にデータを取ってみると実はこうなっていたのか、というのが大変良くあります。
自分の今まで知らなかった事実が知れる、というのはとても面白いですよね。

そしてこれはマーケティングなどにもとても重要です。
今現在世の中はどうなっているか。この速い情報化社会で常にデータを取っておくことは大切で
このターゲット層を狙っていたのに、その層にはまったく興味を持たれていなかったり
購買が全然違う層だったというのは良くあります。

人間は「自分の時代はこうだった」というイメージで語りがちなので
上司などにイメージや感想で語られたら実際のデータを見せて
このような情勢になっています、と説明すると良いでしょう。
カフェちゃん先生のお言葉02

ここでうちのブログのアクセス解析を見てみたいと思います。
アクセス解析デスクトップ
アクセス解析モバイル


このブログを見に来てる方達の使用OSと使用ブラウザなどです。
圧倒的にスマホが多いのがわかります。つまり

ページのデザインなどはスマホの見やすさを中心に考えた方が良い

ということになります。
例えば今までデスクトップの見やすさばかりを追求していた場合
スマホの見やすさも見た方がいいんだな、とわかるようになります。

じつはツイッターでも似たようなアンケートを行っていました。

よりデスクトップが少なくなっているのがわかります。
ツイッターはほとんどスマホで見ている、とみて良いでしょう!

更にボクのpixivでの解析です。
pixivアクセス解析


※検索、と書いてあるのは検索ワードです。1位が「カフェちゃんとブレークタイム」で2位が「腋」でした。

ユーザーが一体どこから飛んできているのか
「公式アプリ」が一番に来てますので、ブラウザだけではなく公式アプリも確認した方が良い、ということになりますし、公式アプリが有効であることがわかります。
そして右の「pixivision」というサイトから来ている方がいます。
たまにそこでイラストが紹介されそこから来ている人が多い、
ということはこのような紹介サイトというのは効果がある
という事を示しています。

いかがでしょうか、これだけでも力の入れどころがわかったり
迷っていた方向性が明確になったりすると思います!

人間無駄なことをしている時が一番楽しくないです。
有益なこととわかって作業した方が圧倒的に楽しいし効果が出ます。

こんな風に実際はどうなっているか?などを調べてみてから
仕事や勉強などに取り組むと、とても有意義ですし説得もしやすいです!
そして重要なことは

騙されにくくなります!!

これは意外と大事で

人を説得するのには数字やデータが有効

ということは

人を騙す時には数字やデータを使われる

という訳です。実際に自分で数字やデータを知っておくと圧倒的に騙されなくなります。
騙されやすい人は気を付けましょう!

今回はこんなボタンを用意してみました、これでブログが更新されたらLINEで通知が来るそうです
是非登録してみてください!
面白かったらポチっとしていただけたら励みになります!

こんにちは.。゚+.(・∀・)゚+.゚
これまでこのブログを見てきた方達はボクのことを

「この人はブログを始めてちょっと浮かれてる頭がお花畑な人なんだな」

という感じのイメージしか無かったと思います。

確かにそうなんですが、実は絵を描く人でもあるんです。
更に言うなら漫画を描く人です!

こんなマンガを描いております。
カフェちゃん新総集本0008
カフェちゃん新総集本0009
こちらはコーヒーを擬人化したフルカラー漫画

なんかどっかで見たことありますか?気のせいですよ!

この娘は「カフェちゃん」と言いまして、タイトルが

「カフェちゃんとブレークタイム」

といい、この娘と一緒に休んで欲しい、という意味合いでのタイトルです。
まさにコーヒーで一服休憩するという感じです。
擬人化は鳥獣戯画の時代からあるという馴染みの深いものですね(モノは言い様)

コーヒーの知識を代弁(う○こじゃないですよ)したりだったり
コーヒーの気持ちを代弁(○んこじゃないです)したりするのに擬人化は便利ですね。

この時はまだコーヒーの知識も浅くて、なんとなく曖昧なネタになっています。
キャラクターの方へ寄せたネタつくりになってますね。

そんな漫画の電子書籍が偶然にも本日発売です!
Amazonにもリンクできる…!凄いぜブログ!

こちらはAmazonアソシエイト、というのに登録したら出来るようになります!
詳しくは今後…やるかどうかは置いておきますが…ご要望があれば

更にはこちらに関してのキャンペーンをやっています!
※こちらのキャンペーンは終了しました!ありがとうございます!

こちらのツイートにカフェちゃんとブレークタイムの感想をツイートして
アカウントをフォロー&RTでサイン本が10名様に当たる!9月3日いっぱいまでですのでお時間お気をつけて

なんてのをやって下さいました、ありがたや。
どんな内容か気になる方にはこんな感じに1話をPDFにして用意してみました

そのままスライドしても見れますが、右上をクリックorタップで
最大化して見ることができます!

そして昨日覚えたての投票を今回も作ってみました!
選択肢はやはり好きな飲み物、ということでこちらで募集しました。

そして出来たのがこちらのアンケート、最大50個まで全部使いました!
可能な限り入れたつもりですが全部は入りきらない!大雑把なカテゴリとしてとらえてください!

今回はめっちゃ長くなってしまいましたね、次からはもう少し見やすくしようと思います。
それでは初めてのブログでの漫画投稿でした、もし面白かったら


↓のバナーをポチっとお願い致しますー!

タイトルもデザインも決まった!
そしたら次にやることとしておすすめされるのがブログランキングへの登録でした。
その前にまずは面白い記事書けよ!ってことなのかもしれませんが
気付いたところから順にやっていこうかと思います!
皆さんはみたことありませんでしょうか、こんな感じのバナーがあるのを



ちょっとクリックしてみてください!大丈夫大丈夫何にもありませんから!

はい、ありがとうございます!これでポイントが入ってランキングに載りやすくなり
見ていただける確率が上がる、ということらしいです!
最初は誰も見る人が居ない場合はほとんどなので、このような機能を使って
アクセスを稼ぐみたいです。効果があるのは最初の方だけで、後ではあまり効果がない
と書かれていましたので、初期に導入してみました。
見かけたらクリックお願いします(露骨

…ずっと思ってたことがあったんですが、こういう
「クリックしてください!」だったり「登録してください!」みたいな露骨なのって
あんまり好きじゃ無かったんですよね。でもYouTubeとかだと
「チャンネル登録グッドボタンよろしくお願いします!」ってしっかり言ってるじゃないですか
言わなきゃ伝わらない!というのがある気はしないでもないので少し試してみようかと思いました。

そしてもう一つ、アンケート機能が使えるみたいなんですよ!
ツイッターだと4択しか出来ないし、複数選択も不可なのでバリエーションに乏しいなぁ
とは思ってたんです…が!どうやら

何択でも作成可能!複数選択可!

のアンケートを作れるみたいなので、早速作ってきました!

どうでしょうか!
これだけの選択肢が作成可能!今回は複数選択を3個までにしました。
何個もあるとランキングが分かんなくなってしまうのでw
今回は期間無制限でずっと置いておこうかと思います、気になった時に投票してください!
最後の性別とかは特に入力しなくても投票出来ますのでお気軽に✨

この選択肢は昨日おもむろにツイッターの方でフェチを募集した中からチョイスしました。

見ての通り色々リプをいただいたんですが…多いわ!
語ること多すぎちゃうか!?でもお陰で良いアンケートになりました、ありがとうございます!

こんな風にSNSとブログで出来ることが違うんだなと、とても実感してます。
ツイッターを始めてからはあんまりまとめた文章とかに興味を持てなかったのですが
中々どうして面白いです!

フェチについての熱い想いやなんでこの選択肢がないんだ!などありましたら
カフェちゃんとブレークタイムA005
コメントの方へお願いします!いつもコメントありがとうございます

このページのトップヘ