漫画描きポルリンの(本音)ぽろりん喫茶

カテゴリ:雑談 > お茶

カフェちゃんとブレークタイムB005_001
カフェちゃんとブレークタイムB005_002

また髪の話してる!


そしてワカメも髪には効果無いみたいですよ!大ショック!

ほ、ほら、同じ部位を食べればそこが治るって言うじゃないですか

おかんから大量に送られてきているのになんて言えばいいんだ…

いや、それよりもお茶の話ですね!
こんな感じに埃が浮いてる、と思ったことはありませんか?

これは毛茸~もうじ~と言いまして、新芽にしかついていない産毛なのです。
新芽を摘採する時は一心二葉、一心三葉と言いまして
大体三枚目くらいの茶葉まで摘むのですが
二葉、三葉には毛茸はついていないので、これが浮いている
ということは美味しい新芽の部分を使っている。ということなんですね!

このような産毛の生えている新芽だけを摘んだ贅沢なお茶というのもあるのですが

これがまた凄い甘味旨味があってめちゃくちゃ美味しい!

なので気にせず飲んでください!

外国の方が日本に来て、折角だから本場の日本茶を飲んでいくか〜
と思っても、中々本場の日本茶を出してくれるところ、というのが無いそうですね。

あっても外国の方がすぐに目につくところには無いかもしれません。

折角日本にいるなら美味しいお茶の飲み方を知って得しておくと良いかもしれませんね!

緑茶のお話


>>>【他のカフェちゃんとブレークタイム】

良ければ読者登録お願いします✨

面白かったらポチっとしていただけたら励みになります!

01_0058
01_0059
01_0060
01_0061
紅茶スクールやお茶の教室などで最初に話される可能性が高いのがこの

原材料は同じチャノキである

ということ
チャノキとはツバキ科ツバキ属の常緑樹で学名を「カメリアシネンシス」といいます。

これを元に紅茶、緑茶、烏龍茶は擬人化では三姉妹としました。三つの違いは発酵度

紅茶は完全発酵茶

緑茶は不発酵茶

烏龍茶(青茶)は半発酵茶

もっと細かくしていくと、白茶、黒茶などもあるのですが
それはまだキャラクターにしていませんので(●´ω`●)

緑茶を運ぶ途中に紅茶になった、などの逸話もあるくらいですから面白いですよね。
※あくまで逸話です。

緑茶とは日本のイメージがありますが奈良~平安時代に中国から持ち込まれたとされています。
今の煎茶になったのは江戸時代、日本独自の製法として生み出されました。
これだけ日本になじんだ緑茶は日本人と相性が良かったのでしょうね。

「朝茶は福が増す」のようにお茶にまつわる慣用句やことわざがたくさんあることからも
お茶が生活の一部になっていたことが良くわかります。

緑茶を淹れる時に大切なのはお湯の温度です。
印象として熱々のお湯を入れがちですが、沸騰してから2回くらい碗を移して冷ましてから
淹れた方が渋みだけでなく旨味が抽出されます。是非お試しください!

こちら緑茶の淹れ方です。
カフェちゃん新総集本豆記事用緑茶

緑茶のおすすめ器具は陶器で丸く、中で茶葉を踊らせるものが良いでしょう。

そして茶葉ですが、こちらの根本園様では以前茶摘み体験をさせていただきました。
とても美味しいのでオススメです!


美味しい茶の湯を楽しんで下さい!

そして甘酒ちゃん、カフェちゃん、ティーちゃんと続きましたので
セブンイレブンのネットプリント配布、緑ちゃんも用意しました!
※こちらの配布は終了しました!
ネットプリント緑ちゃん秋の挨拶






良ければ読者登録お願いします✨

面白かったらポチっとしていただけたら励みになります!

このページのトップヘ